より良い生活と社会

歴史

過去8年間は無線電力伝送技術が標準化され、市場が生まれ、産業が活性化する時期でした。しかし、その過程でアーリーアダプターが経験しなければならなかった試練は小さくありませんでした。国際認証(Qi認証)の手続きを経ていない製品を使った消費者の中には、無線充電器が発火したり、無線充電器が発する騒音に悩まされたり、スマートフォンが破損したり、スマートフォンケースに入れておいたクレジットカードが破損する等、大小の事故を経験した人もありました。

無線電力伝送技術は、消費者により高速な充電を提供するために、15W、60Wなどと、持続的に発展しております。このように、高出力・高速充電技術を搭載するほど、信頼性と安全性が一層重要になります。

ビジョン

チャージエーアイプロジェクトは、より安心で高品質な無線充電製品を生産し消費者に提供することを目的として、最新無線電力伝送技術に最先端IT技術を融合する試みを行なっております。例えば、WPC(世界無線電力協会)からの諮問を受けて進めている最新無線電力伝送技術の商用化の検討、自然に優しい放熱機構の開発、さらに、スパート最適化充電アルゴリズムの技術的完成度を高めるため、外部の人口知能技術の専門家との協力も計画しております。

チャージエーアイプロジェクトは、消費者が安心して使える高品質な無線充電製品を提供し、さらに世界中の充電ニーズのあるスペースに信頼できる無線充電インフラを設けることによって、人々の暮らしのクオリティー向上に貢献してゆきます。

そして、消費者の皆様と一緒にコミュニケーションし、品質のみならず、デザインにも満足していただける、便利で楽しい経験を提供してゆきます。

"Fill Your Energy, Feel Your Energy"